菓子製造・販売業

阿波にうまいもんあり!
徳島の美味を全国に届ける

市岡製菓

市岡製菓株式会社/株式会社ハレルヤ/株式会社五線譜

 私たちの会社は徳島県産の農産物を原材料に使用したお菓子を開発・製造し、県内外で販売を行っています。全国的に知名度の高い“なると金時”をはじめ、地域の特産物“阿波やまもも”や“木頭ゆず”など、食材が持つ多彩な特徴や良さを活かした商品を開発することで徳島県産食材の生産・加工・流通につなげていく事業展開を目指しています。農林水産業の六次産業化が生み出す付加価値で、地域社会の活性化に貢献する会社であるように活動を続けています。

DATA─────────

創業
1949年8月
代表取締役
市岡 沙織
本社所在地
〒773-0014 小松島市江田町字腰前189-6
資本金
3,000万円
売上高
(2017年度実績)/8億3200円
従業員数
(2018年10月現在)/65名(男15名、女50名)
事業所
勝占工場・松茂工場

ホームページはこちら
上記のデータは市岡製菓株式会社のものです。

\教えてくれるのは/
営業部 営業企画課
中川 純一さん
2012年入社(7年目)

中川 純一

社を決めたポイントは?

県外の大学で食品について学び、就職活動をしているときに合同説明会で『市岡製菓』の話を聞き、興味をもちました。選考段階で感じた社風や社員の方の雰囲気が良く、徐々に故郷である徳島に貢献したいという気持ちと、会社への関心が高まり入社を決めました。

社してわかった「ココが好き」

従業員数がそれほど多くない分、お互いが顔と名前を把握でき、アットホームなところが好きです。やってみたいことにチャレンジさせてくれる社風と、営業職ですが商品開発やパッケージデザインなど生産に携われるところも気に入っています。

日の過ごし方は?

休みの日はオンオフ切り替えています。ゆっくりしたいときは家でDVD鑑賞などをして一日くつろいでいます。遊びに出かけるときは友人と買い物やドライブに出かけたりして地方のおいしいものを食べ歩きなどをしながら、商品開発の参考になるものを探したりしています。

活生へメッセージ

新卒での就活は戸惑うこともあるかもしれませんが、せっかくの機会なので業種を一つに絞ることなく、ひとつでも多くの会社の話を聞いてください。誰でも最初は未経験。自分のここで働いてみたい、こんな仕事をしてみたいという気持ちを大切にがんばってください。

中川さんの
ある日のスケジュール

8:30
出社
一日の予定の確認やメールのチェック
9:00
営業ミーティング
10:00
見積もり、提案書などの資料作成
12:00
昼食
13:00
資材関係のメーカーさんとの打ち合わせ
14:00
工場で製造部や資材管理部と試作品などの打ち合わせ
15:00
パッケージなどの在庫のチェック
16:00
見積もり、提案書などの資料作成
17:00
翌日の準備
17:30
退社


市岡製菓

市岡製菓

市岡製菓

採用について──────

担当担当
藤原
TELTEL
088-669-3203
MailMail
recruit@ichioka-seika.co.jp
対象対象
2019年4月~2020年3月末までに高校・高専・短大・大学・大学院を卒業・卒業見込みの方
給与給与
18万円(大卒)
休暇休暇
年間105日
福利厚生福利厚生
各種社会保険、社員旅行他
インターンシップの受け入れ/可
市岡製菓

≪ トップに戻る